簡単にできる呼吸法でダイエット効果を高める 

 

ダイエットの効果を高めるためには食事制限だけではなく、運動も同時に行うことが必要です。
運動を行うことで脂肪を燃焼し、筋肉量が増えるので、カロリーを消費しやすくなります。

しかし、いくら運動がダイエット効果を高めると言っても、運動時間を増やすのには限界がありますし、体力も必要です。
そこで普段の生活をしながらでも、ダイエット効果を高めることができるのが呼吸法です。

普段は呼吸をあまり意識しないで生活をしていますが、あえて腹式呼吸や丹田呼吸を行ってみると良いでしょう。
丹田呼吸はおヘソの下の方にある丹田というツボを意識して行う呼吸法です。
まずは十分に息を吐くことで、自然に息を吸うことができます。

腹式呼吸も丹田呼吸もお腹を意識して行う呼吸法なので、より腹筋を鍛えることができます。
太る時も痩せる時もお腹から変化するという人も少なくないかもしれません。

お腹周りがスッキリしていると、同じ体重でも痩せて見えます。
また、呼吸法は普段の生活の中で無理なく取り入れることができます。
リラックス効果もあるので、ストレス解消にも役立ちます。

中にはストレス食いなどで太ってしまう場合がありますが、呼吸法を続けることで、これを防ぐことも期待できます。

運動中は意識しなくても腹筋に力が入りやすいので、お腹周りを引き締めていきやすいものです。
しかし、座っている時は特にお腹周りが緩みやすくなります。

まずは休憩中のちょっとした時間を利用して、呼吸法を取り入れてみると良いでしょう。
そのうちに慣れてきたら、単調な作業の時など、作業に支障がない時に呼吸法を取り入れてみるようにします。

人はストレスが多くなると、どうしても呼吸が浅くなってしまいます。
呼吸が浅くなるとお腹で呼吸をしなくなるので、どうしてもお腹周りはたるみやすくなってしまいます。

意識して腹式呼吸や丹田呼吸を行う習慣を付けることで、徐々に無理なく行うことができるようになります。
しかし、体調が悪い時などは無理をしないようにして、まずは体調を回復させることを最優先しましょう。

ダイエットは健康で美しい体作りを目指すことが目的です。
そのため、無理なダイエットは行わないようにしましょう。

呼吸法を続けることで、お腹周りが引き締まってくるので、メタボ対策にも効果が期待できます。
運動時間が思うように取れない時も、なるべく意識して呼吸法を行うことで、ダイエット効果を高めることができるでしょう。

時間に関係なく、いつでもどこでも、また一人で手軽にできるのも呼吸法のメリットです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。